FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

恋と友情

反撃1

アラクトの辻デート。
帰宅前にすかさず次回の予約を入れる。
無駄な動きは許されない。
タイムロスが生じれば間違いなく次回予約は奪われる。


ほらね、すぐ上に来てた。(緑色のネームプレートがアントネラ)

来てる

先にこっちが予約を取れたので、アントネラは世間話をしただけで帰っていった。


確実にデート終わりを狙ってくるのはちょっと怖い。
すごい追跡能力だなあ。
これプログラム組んだ人の意図を知りたいw


デートについては、親密度の段階によって場所が変わっていく仕組みは前作と同じっぽい。
だた、今作では、自分視点と相手視点それぞれでデートを進行していかないと先に進めないようなので
場所を決めるときは、自分主導と彼主導を交互に入れていくと良いようです。

私主導だとアラクトの辻でしたが、彼主導で行くとまだ砂浜デートの段階。

やはり私より、彼側の気持ちが少し遅れているということでしょうか。

砂浜デートっていうと、あまりのバカップルぶりに身もだえるアレをまた見なきゃならないのかw

てか、これなに!!

欲しい

そうだ、27日と28日に砂浜にアイテムが湧くってどこかに書いてあったっけ。

うがーー早く拾いたいーーーー

つかまえてごらんアハハウフフのオートイベントが憎いwwww


終わったら、やはり寸分の無駄な動きも排除して、すぐさま次回予約。
イムの像を拾うのはあとだ!!

すかさず予約

だってね、ほらね、
すぐそこまで来てるからwwww

諦めて

ごめんねアントネラ、今回も私の勝ちよ。



かざる
帰宅して早速飾る。ほくほく。



さて、翌日のデート。
彼サイドのデート進行度が遅いので、次のデートも彼主導にするつもりが、うっかり私主導を選んでしまった。

場所は教会前か…ちょっとこれはヤバい気配…

みてる

待ち合わせ場所で、私たちの背を見送るアントネラ…
な、なんか罪悪感が。
でもついてくるから、油断は禁物。


教会前で…
いきなりプロポーズ

やっぱりプロポーズ台詞来た。100パーセント断られる。全然まだ早いよ。

玉砕

ほらね……玉砕。



そしてやっぱりついてきたアントネラw

アントネラと笑う
ウルフったら、崖が怖いの?
男のくせにだらしないよね~キャハハ

なーんつって、二人で笑ってるみたいな図。


なんか…

未来を誓ってくれないオトコより
一緒
女の友情よね~

って気に、なって、きました、、、



酔っぱらった状態で歌を披露したら

へこむわ
…叱られたし…


なんか妙にリアルで凹んだwww

こういうのあるよね、あるよねwwww



ふと気付けば世間はなんだか忙しそうな年の瀬。

ウルフのあとばっか追いかけ回してばかりの1年で、仕事もろくすっぽしてない私は、国の行事なんかも一切不参加で、世間で今何が起きているのかとかまったく知らないw

世間のことをしらない

なんだよこのデカイ荷物w

ま、いっか。

スポンサーサイト
.23 2010 初代 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://songbirdnalulu.blog137.fc2.com/tb.php/11-e7ed9f10

このブログについて

歌鳥

Author:歌鳥
このブログは個人による、PSPの生活シミュレーションゲーム『ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~』のプレイ記録です。
ロールプレイ色が濃いので苦手な方はすみません。
発売間もないタイトルにつき、ネタバレなど含まれる可能性がございますので、閲覧については自己責任でお願いします。

また、記事内に使用しているゲーム内画像・動画等の権利はすべて株式会社アルティに帰属します。
該当画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

Twitter

SongBird_nalulu < > Reload

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ナルル王国物語

仮想世界シミュレーションゲーム「ワールド・ネバーランド ~ナルル王国物語~」オフィシャルサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ワーネバ日記TB

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。